歴代オリンピックのメダル数の国別ランキング!日本は何位?

歴代オリンピックのメダル数(総数)の国別ランキングです。

日本は、冬季オリンピックよりも夏季オリンピックの方が強いですね~。

 

また、なぜ日本のメダル数が少ないのか?やドイツはなぜ強いのか?なども考察してみました。

2017年時点のランキングです。

 

歴代夏季オリンピックのメダル数(総数)の国別ランキング

順位 総数
1位 アメリカ 1036 802 708 2546
2位 ソ連 395 319 296 1010
3位 イギリス 272 313 293 878
4位 フランス 232 253 284 769
5位 ドイツ 230 258 282 770
6位 中国 227 162 154 543
7位 イタリア 219 189 197 605
8位 ハンガリー 178 154 173 505
9位 ロシア 153 144 164 461
10位 東ドイツ 153 129 127 409
11位 スウェーデン 146 175 188 509
12位 オーストラリア 146 167 191 504
13位 日本 142 134 165 441
14位 フィンランド 106 86 120 312
15位 韓国 90 85 89 264
16位 ルーマニア 89 95 122 306
17位 オランダ 88 95 113 296
18位 キューバ 76 67 70 213
19位 ポーランド 69 87 134 290
20位 カナダ 64 104 135 303

 

日本は13位ですね。

 

夏季五輪の国別ランキングについて思うこと

1位は堂々のアメリカです。第1回が1896年のアテネですから以後百年余り「アメリカの世紀」だったわけです。

 

まあ、もちろんこれからオリンピックの歴史が何百、何千年と続けばその性向も様々と変化してゆくことでしょう。近年明らかに台頭しつつある中国がどう伸ばしてゆくか。さらにまた新たな「勢力」の台頭があるかもしれませんね。

とりあえず全体に見てまず米英仏ソ独伊などのいわゆる「列強」そしてハンガリー・東ドイツなどの旧東側陣営が入っているのがなんともですね。

 

日本はメダル数では意外にこういった国々の後塵を拝しています。

 

スポンサーリンク


 

歴代冬季オリンピックのメダル数(総数)の国別ランキング

順位 総数
1位 ノルウェー 118 111 100 329
2位 アメリカ 96 102 84 282
3位 ドイツ 86 84 58 228
4位 ソ連 78 57 59 194
5位 カナダ 62 55 53 170
6位 オーストリア 59 78 81 218
7位 スウェーデン 50 40 54 144
8位 スイス 50 40 48 138
9位 ロシア 49 40 35 124
10位 フィンランド 42 62 57 161
11位 東ドイツ 39 36 35 110
12位 オランダ 37 38 35 110
13位 イタリア 37 34 43 114
14位 フランス 31 31 47 109
15位 韓国 26 17 10 53
16位 中国 12 22 19 53
17位 西ドイツ 11 15 13 39
18位 日本 10 17 18 45
19位 イギリス 10 4 12 26
20位 EUN 9 6 8 23

 

日本は18位でした。

 

冬季オリンピックの国別ランキングについて思うこと

いわゆる「北国」による独占状態です。

ただ世界の多極化に伴い、中国や韓国、日本、オーストラリアなど、といった新勢力が次第ににぎわしてきそうです。

 

荒川静香さんが金メダルを取った時も、日本の金メダルの数は1つでしたからね。

おすすめ記事:歴代オリンピックの日本のメダル数の推移

おすすめ記事:荒川静香が金メダルを取ったのは何年前?

 

日本のメダルが少ないわけ

メダルがオリンピックのすべてではないでしょう。でも、ランキングを見ると日本の少なさは気になるところです。いわずと知れたGDP世界第3位国家です。人口だって1億2千万人けっして少ないわけではございません。

 

ではなぜか。

 

まず20世紀前半については「欧米」系の独壇場ですね。そもそもそういった文化がまだそのほかの地域にはほとんど根付いていません。その上、イギリス、フランスなどは世界中に植民地を展開していますから強いに決まっています。

 

次に考えられるのが日本の「伝統的価値観」、そして「時代」ですね。

日本人は大変に勤勉でまじめですからね。特に20世紀頃といえば、「まず仕事」です。

「働かざるもの食うべからず」という諺がございました。

スポーツでは食っていけない。それが、第三次産業が盛んになった高度経済成長期でもあまり変わりはなかったようですね。あの頃は本当に「時間がありません」でしたから。「モーレツ」なんて言葉も流行っていました。

野球はプロスポーツとして大変な人気を集めておりましたが、当時オリンピック競技ではございません。

 

近年になってようやくそういったものが少しずつ根付きつつあるのでしょうか。どこいらの国々のように国家プロジェクトとしてやるということはあまりございませんし、また、人々の営みへの多様性もやはり欧米とはまた違いますからね。

 

スポンサーリンク


 

なぜドイツは強いのか

やはりメダル数でどうしても目を引くのは「ドイツ」じゃないでしょうか。

確かにGDP世界4位、人口は8,300万の大国であることには間違いないのですが、毎回のように夏冬とも上位の常連。累積メダル獲得数でも上記のとおりです。

いつも思うのですが、なぜあそこはあんなに強いのでしょう。

 

GDP、人口ともに日本の方が上ですが、スポーツとなるとドイツは常に上位に入ってきます。

 

ゲルマン魂という、勝負を最後まで捨てないという戦う魂が浸透していることや、負けても原因を理詰めで考える国民性もドイツのスポーツの根底にあるのかもしれません。

 

パラリンピックについて

夏季ではアメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、オーストラリア、中国、フランス、オランダ、ポーランド、スウェーデンなどといった国々で多くの獲得が見られます。

この辺りはそれぞれの国の性格が如実に反映されますからね。やはり高福祉国は顕著。中国やポーランドといった旧社会主義国家も見られます。

冬季ではオーストリア、ドイツ、フィンランド、ノルウェー、アメリカなどですね。

 

まとめ

今回は、歴代のオリンピックの国別メダル総数をまとめました。

過去の東京オリンピックや長野オリンピックでは、メダルの獲得数が多かったので、2020年の東京オリンピックには期待したいところですね!

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク